硫黄山の南西側に傾斜発生:気象庁発表、

今夜のローカルニュースで気象庁から硫黄山に変化があることが発表されました。内容は「硫黄山の南西側の傾斜が増大した」ことと「火山性地震が6回あった」ことです。1週間前(19日)に新しい噴気孔が見え始めたので,地下で何かあったんだろうと思っていましたが、何かがうごめいているんですね。
映像は22日のもので、無風状態になり、噴気がワッーと拡がっています。この映像の重要な点は、硫黄山周辺に小さな噴気が見えていますが、通常、風があると小さな噴気は吹き払われて見えません。このように無風になると見えるようになります。映像を見ているといろいろなことが解ってきます。
映像:気象庁ライブカメラ
関連記事
スポンサーサイト
2017/04/25(Tue) | 0 硫黄山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/696-7a63c2cd
前のページ ホームに戻る  次のページ