日南海岸宮浦の崩壊

6月20日から21日にかけての大雨で、日南海岸の宮浦で斜面崩壊がありました。現場は宮崎市と日南市を結ぶ重要な路線なので、5日ほどで片側交互通行になっています。崩壊は高さ約100m幅100mとのことです。斜面は工事が進み、一部に宮崎層群の砂岩泥岩互層が見えています。この辺りには厚い砂岩がある場合が多いのですが、ここはそうでもなさそうです。
日南海岸はトンネル化が進んでいるために、崩壊は少なくなり、今回は約24年ぶりです。ちなみに前回はこの近くで起こっています。原因としては、日南海岸は全体的にモルタル吹付工が多いのですが、これの劣化だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2017/07/16(Sun) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/710-8f8daacd
前のページ ホームに戻る  次のページ