松末小付近付近の流出土砂、九州北部豪雨災害

映像は乙石川が赤谷川に合流する地点で、上流側(乙石川)を撮影したものです。乙石川に堆積した土石はすでに排土されていますが、その後の流量の変化によって、数センチ~十数センチの段差ができています。この段差は河川の流量が急激に変化するときに出来るもので、規模が大きくなると段丘になります。土石は全体に白っぽく、花崗岩起源の砂、礫であることがわかります。
撮影:2017/07/29
関連記事
スポンサーサイト
2017/08/10(Thu) | 九州北部豪雨災害 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/717-0ea23625
前のページ ホームに戻る  次のページ