観音崎(220号線)の崩壊
最上部には厚い砂岩層があることが想定され、この砂岩層の崩壊が全体の崩壊のきっかけになったと考えていましたが、最上部の砂岩層は壊れていませんでした。砂岩層の下位は写真のように,洞窟状になっていました。崩壊はその下位に堆積した崖錐状の堆積物から発生しているとみられます。
撮影:2017/12/17
関連記事
スポンサーサイト
2017/12/18(Mon) | 日南海岸の崩壊 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/749-69e77b6b
前のページ ホームに戻る  次のページ