FC2ブログ
新燃岳の溶岩流出場所

現在、溶岩が流出し始めた所は、霧島川源流部にある昭和34年の斜面噴火跡の北側です。標高は1360mで、新燃岳火口では最低点の所です。撮影は韓国岳頂上からで、気象庁のライブカメラもほぼ同じ写角です。

訂正:写真左下にある日付が、2018年となっていますが、2017の間違いです。
関連記事
スポンサーサイト
2018/03/09(Fri) | * 新燃岳噴火の時 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/783-9e6aabac
前のページ ホームに戻る  次のページ