FC2ブログ
新燃岳の溶岩流出

新燃岳は相変わらず噴火を続けています。溶岩の湧出は止まったそうですが、火口壁を越えた溶岩流は、斜面をゆっくりと下りつつあります。きょうの発表では、30m下っているとのことですが、溶岩の湧出が止まっているのであれば、あとは粘性で下降するだけです。ただスピードが遅いので、冷却してそのうちに止まってしまうのではないかと思います。
映像中の溶岩は、少し黒みがかって舌状をした部分です。
映像:鹿児島県姶良・伊佐地域振興局ライブカメラ
*溶岩の流出距離は、9日よりきょう(15日)までに42mとのことです(気象庁発表)
関連記事
スポンサーサイト
2018/03/14(Wed) | * 新燃岳噴火の時 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/790-91495598
前のページ ホームに戻る  次のページ