新燃岳に新しい噴気口

新燃岳はきのうは一日中雲の中でしたが、きょう現れると新しい噴気口ができています。火口の噴気の右側に,火口から少し下った所に噴気が見えています。これは昭和34年に噴火した所で、2011年の噴火前までは、水蒸気を上げていましたが、2011年噴火後は停止していました。昨年から時々、水蒸気を上げては止まり、また始まりしていましたが、とうとう活動をはじめたようです。ここで小さな爆発でも起こると、火口壁が破壊され、火口に溜まった溶岩が流出する恐れがあります。溶岩ダムの破壊、、、です。
映像:気象庁火山ライブカメラ
関連記事
スポンサーサイト
2018/03/23(Fri) | * 新燃岳噴火の時 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/794-97d8a542
前のページ ホームに戻る  次のページ