新燃岳で小規模火砕流発生とのこと

気象庁は今朝(3月25日)新燃岳の西斜面で「ごく小規模な火砕流」が発生したと発表しました。写真は8時50分のものですが、噴煙は火口壁の外側に出てきているので、火砕流かもしれませんが、爆発が大きかったために、噴煙の濃い部分が流れ出ている可能性もあります。
映像:気象庁火山ライブカメラ
関連記事
スポンサーサイト
2018/03/25(Sun) | * 新燃岳噴火の時 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/798-9a7a758d
前のページ ホームに戻る  次のページ