新燃岳のガス雲

雲の無い日、新燃岳の上にはぽつんと雲ができますが、その経過は火口からポンとガスが出て、しばらくするとガスの上に雲ができます。たぶん火山ガスに含まれている水分が、ガスの上昇と共に冷やされて雲になるのでは?と思っています。
ガス雲は私の造語で、気象辞典に載っているかどうかは知りません。
映像:気象庁火山ライブカメラ
関連記事
スポンサーサイト
2018/03/30(Fri) | * 新燃岳噴火の時 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/803-175db138
前のページ ホームに戻る  次のページ