FC2ブログ
新燃岳に気を取られているうちに硫黄山が

新燃岳の噴火に気を取られているうちに、硫黄山の活動が活発になっています。硫黄山は昨年の4月20日に噴気が「湯気型」から、「ごう音型」にかわりましたが、その後、約1年にして、噴気域が拡大しました。映像の左下に見える噴気(黄色矢印)は1週間前にはありませんでした。熱域が拡大していることで、同時に熱源が上昇していることを意味しています。いずれ噴火に至るでしょう。
映像:気象庁火山ライブカメラ
関連記事
スポンサーサイト
2018/04/07(Sat) | 0 硫黄山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/805-19643dbd
前のページ ホームに戻る  次のページ