FC2ブログ
硫黄山西斜面の噴気場所

硫黄山の噴火活動は、旧硫黄山の火口跡ではなく、硫黄山の西側に拡がるえびの高原側でおこっています。噴気の出た場所は、元々、「白色の風化粘土と礫が露出して、植生がなかった」ところです。このように植生のない場所は、近い過去に噴気などの火山活動があって、土質が強酸性化したために、植物が生育できなくなった所です。
映像の真ん中付近に白色の粘土が露出している場所が、現在噴気を上げている所です。その左側にみえる、小さい白色部分も噴気が上がっています。映像の下から三分の一付近に、茶色の直線が見えていますが、これが県道一号線です。
撮影:2017/9/30
関連記事
スポンサーサイト
2018/05/02(Wed) | 0 硫黄山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/826-f7954529
前のページ ホームに戻る  次のページ