FC2ブログ
高千穂峰登山道三合目付近

御鉢に至る斜面の登り口です。真ん中付近に赤色の溶岩礫が転がり、周辺に白色の礫があります。白色の礫は2011年に新燃岳が噴火したときに飛んできたものです。未だあちこちに残っていますが、だんだん無くなりつつあります。
撮影:2018/10/17
関連記事
スポンサーサイト
2018/10/17(Wed) | 0 高千穂峰 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/857-424afcc9
前のページ ホームに戻る  次のページ