FC2ブログ
御鉢(おはち)への登山道から下を見る

写真は,御鉢への登山道中腹から下を見たところです。登山道には赤い礫と白い礫がありますが、赤い方は元からあった溶岩の礫で、白い方は2011年の噴火の時に飛んできたものです。
写真中央付近から下は,林帯になっていますが枯れ木のように見えます。これは全てマツの枯れたものです。2011年の噴火の時に枯れました。噴火の時に、広葉樹は葉を落としましたが翌年には新芽を出しました。マツはそのまま枯れてしまいました。今、この辺りには立ち枯れたマツがたくさんあります。写真上方の開けた所が高千穂河原の駐車場です。
撮影日:2018/10/7
関連記事
スポンサーサイト
2018/10/24(Wed) | 0 高千穂峰 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hibari1977.blog108.fc2.com/tb.php/858-92d336ec
前のページ ホームに戻る  次のページ